コンテンツにスキップ

PLYWOOD laboratory プライウッドラボラトリー grid / tray

通常価格 ¥4,620

(税込み)

送料 はチェックアウト時に計算されます。

カラー: orange

在庫残りわずか

\テレビで紹介されました/

こちらの商品はお届けに3日~2週間かかります。

カラフルでユニークな立体トレイ

木材と色紙が積層されたPaper-Woodの表面に溝を削り出すことで生まれた立体的な幾何学模様が特徴のトレイです。このトレイは、アクセサリーやペンなどを置いて楽しむことができます。その独特のデザインは、使う人の目を引き、空間に洗練された雰囲気をもたらします。

PLYWOOD laboratoryは北海道の老舗合板メーカーである滝澤ベニヤによるファクトリーブランドです。2009年に独自に開発した「Paper-Wood」を主な材料とし、旭川の家具産地で高度な木工技術を用いて製造されています。この新しい合板は、色再生紙を木単板の間に挟んで作られており、小口断面にはカラフルで美しいストライプが現れます。

担当バイヤーのひとこと

Paper-Woodによる、カラフルでポップな模様、再生紙と木単板を重ねて作ったとは信じられないほど、滑らかな断面。機能面も魅力ですが、近くに置いて眺めたり、触れたりすることで癒しやインスピレーションを与えてくれる、不思議な魅力を持つブランドです。

PLYWOOD laboratoryとは

北海道の老舗合板メーカー、滝澤ベニヤによる合板プロダクトのファクトリーブランド、PLYWOOD laboratory。2009年に生まれた独自の素材「Paper-Wood」を使用し、旭川の家具産地で高度な木工技術を駆使して製造されています。この「Paper-Wood」は、色再生紙と北海道の木材を組み合わせることで生まれる美しい木口断面が特徴です。このブランドは、国内外のクリエイターによる新しいデザインと、他の材料にはない魅力的な表情を持っています。さらに、北海道の産地での材料生産と加工が完結しているため、独自のポテンシャルを秘めています。PLYWOOD laboratoryは、他に類を見ない素晴らしいプロダクトを生み出しています。

Paper-Wood

滝澤ベニヤによって2009年に開発された「Paper-Wood」は、色再生紙を木単板の間に挟んで作られた新しい合板です。この合板の小口断面には、従来の合板には見られないカラフルで美しいストライプが現れます。その独特の表情は、多くのデザイナーや建築家によって建築やインテリアに活用されてきました。2010年には、その革新性が評価され、Good Design Awardを受賞しました。

滝澤ベニヤ

滝澤ベニヤは北海道芦別市で、広葉樹の合板や単板を製造しています。1936年の創業以来、同社は「成業則正道」という社是のもと、人の手による細やかな製造にこだわり続けてきました。ロータリーレースを使用して丸太から加工することで、多様な品種、高品質、少量生産に取り組んでいます。

同社は日本に古くから根付いている木の文化を大切にし、木材の長所と短所を理解した上で、効果的に利用しています。私たちは一本一本の木材について、どのような用途に加工すれば最も魅力的な製品が生まれるかを真剣に考えています。そして、長い年月をかけて成長した木材を恥じることのないような製品に加工しています。

滝澤ベニヤのビジョンとスタンス

滝澤ベニヤは、「サスティナビリティ」を重要な価値と位置付けています。同社は、「北海道産の木材の価値を高める」ことを使命とし、これまで変わらずに取り組んできました。そして、環境の変化に合わせて、今後もこの使命に忠実に取り組んでいくことを約束しています。

滝澤ベニヤは、日々の活動を持続可能な開発目標(SDGs)に沿ったものとして位置付け、少しでも環境への貢献を目指しています。同社は、サステナブルな資源である木材を有効活用し、木に関する理解を深め、木材の需要を喚起することで、他社に先駆けてサステナビリティに向けたリーダーシップを発揮しています。

その中で、3つの100%実現を目指しています。

・北海道産原材料使用100%

・再生可能エネルギー使用100%

・材料の100%有効活用

サイズ/スペック

採 寸:-:W18.9cm D6.3cm H1.7cm
素 材:PaperWood
原産国:日本
容 量:
重 量:0.14kg

最近チェックした商品

ショッピングカート